清志郎さん、ありがとう


by chikacom
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

虹色の観覧車 飛び乗った僕たちは 得意げに舌を出す

ここのところ雨続きでげんなり。傘をさすのが苦手で、かつ水たまりをよけるのも苦手なため、できれば1日家の中でごろんごろん寝返りをうっていたいところ。でも社会人だからそういうわけにもいかない。ある程度は在宅でできる仕事内容とは言え、自分に激甘なため家では文章1本書けないもので。

そんな雨の日でも、仕事終わりに楽しいライブがあるとなれば話は別。にしても、いかんせん忙しいため楽しみだった一番手には間に合わず。会場に着いたら、ちょうど楽器を運び出しているところだった。おぉぉぅ。

こればっかりは誰が悪いわけでもないので、また何かの折にでも見られることを願い、受付を済ませて中に入る。まーまーな感じ。
ステージ上では2組目のセッティング中だったのだけど、ヴォーカルの方が設置した椅子の上に立って踏み心地を確かめていたことに衝撃を受ける。
そして、ステージ内容にも衝撃。あまりのことに、禁酒の誓いを破って酒に手を出してしまう。優しいチューハイにしたので、自分的にはセーフ。
思えば、この時にお手洗い行っておけばよかったな。

で。
今年入ってもう 3ヵ月ちょっと過ぎたわけだけど、初のPLECTRUM。アッキーはバクナンとかでお忙しそうだし、なかなか集まる機会がないのかな。何にせよ、彼らがかたちを変えながら今でも活動を続けているのが嬉しい。

いつものように「Good Vibrations」とともに登場。2015年一発目の曲は何かしら、こんなんかしら、と期待を込めて妄想を膨らましていたんだけど、まったく別角度からの「Before Sunrise」でかなり意表を突かれる。
これ、アッキーが歌うBメロ部分がすごく好きで、久しぶりに聴いてやっぱり感想が同じだった。これも幸せなことね。

6月のイベント時、『The Adventure of Pony Rider』の16年越しのリリパだって言って「Girl From Yesterday」と「1+1」をやったけど、今日は「Parade」を。
リリース時から「Parade」は、特に「僕らはどこまで〜♪」以降のBメロの歌詞にグッときていて、そこの部分は口パクで一緒になぞる癖が。
にしても、アッキーのブログを読んだ限りあまりやっていないはずなのに、そこまで久しぶりーって感じはしなかったな。やっぱり冒頭の「Before Sunrise」があったからでしょうな。

と思ってたら「All Green」! これは15周年ワンマン以来じゃないかしら。タイスケさんは「Parade」にしろ「All Green」にしろ、アッキー作の曲が大好きなようで、これからもやりたい的なことを言っていたけど、ご本人は演奏が大変でそれどころではなかったらしい。

「30 Boy」後、今やもっくんのみが30 Boyということが発覚。しかも6月には40 Boyになってしまうそうで。光陰矢の如しとはよく言ったもので。そりゃ私も35ちゃいになりますわ。
そうかー、今のペースでいったら次にライブを見られる頃ってPLECTRUM全員40 Boyなのか。胸アツ。

本編最後はこれまた久々の「Tears For Beers」。
「わかってよ」の繰り返しに、聴いていて心がキュッとなる。

タイスケさんが「PLECTRUMは今年で19年目」だということを繰り返していたので、てっきり「Drop19」やるんだと信じていたけど、少なくとも本編ではナシ。かと言ってアンコールでやる風な曲でもないから、今年のテーマ曲になるわけではないのねん。

アンコールは「Stand By Me」。これはもう定番中の定番ですな。
なのに、アッキーが珍しくミスタッチを連発。そういうこともあったからか、納得いかずにダブルアンコールを求める拍手が鳴り止まず。まぁ単純にまだまだ彼らの世界観に浸っていたい(タイスケさん言うところの留年)ってのもあったけど。

たぶん普通に予定になかったようで、困った顔の2人が再度登場。ギターを持ってどうしようねーみたいに少し話をして、「こんなのどう?」と言ってみんなの大好きなリフを奏でる。「Flow」。

ギター2本だけだから迫力は少なめだけど、轟音ギターにうっとりしていたら、歌が始まるタイミングでサササッと袖から千ヶ崎さんともっくんが登場。返す刀としか言いようのないくらいの早業で演奏に参加し始める。

確か、前にGARAGEでやった時もメンバーが違うとは言え同じように最初に2人が出てきて、途中でもう2人が出てくるダブルアンコールだったんだよな。その時のことを思い出したりして、センチメンタルに浸る。
こちら参照
GARAGEってあまりやらないけど、そういう奇跡が起こる場なのかもしれないな。

終演後、まだ雨が降っていてげんなりする。

[PR]
by chikacom | 2015-04-11 12:56 |